» 2012 » 2月のブログ記事

会社の人と良く行く居酒屋さんに、「ばくだん」というメニューがあります。
そこのお店ではおむすびで、鮭といくらと昆布が大きい丸形のご飯の中に
入れられているというもので、本当に美味しいんです。
子どもの頃からおむすびが大好きで、
おやつの代わりに食べていたこともあります。
おむすび専門店が結構増えていて、駅前にあるので
買って帰ってお惣菜だけコンビニやスーパ―で調達するということも多いです。
おむすびの美味しさの決め手は、具材もお米もさることながら、
「のり」だと個人的に思っています。
のりが持っている風味は、それぞれ微妙に違っていて、
「ばくだん」おむすびで使っているのは産地にこだわっているので、
すごい香りが良いんです。
たかが「のり」とあなどってはいけないです。

アーカイブ

カテゴリー

ページ